B型肝炎給付金の受取

B型肝炎にかかっている人の中に、B型肝炎給付金を受け取れる人は沢山います。ですが国からの給付金を受けとる、という行為にはとても難しい手順を踏まなければいけないイメージを持っている人が大半で中々踏み出せないという人も多いのです。ですが正しいB型肝炎給付金の受け取り方を知る事により、従来の給付金に対する難しいイメージを払拭できます。

和解B型肝炎給付金の請求ではまず、国に責任を認めてもらい、和解するという手続きをとります。おおよその流れは国、つまりは厚生労働省に請求する給付金の金額やB型肝炎の病状などを記入した訴状を作り、必要書類と共に裁判所へと提出します。そして、裁判所に提出した書類が認められると裁判期日が制定されます。その日に弁護士が裁判所へと赴いて和解への話し合いが行われます。

B型肝炎給付金の和解交渉の場合、国側はすでに和解する気でいるため裁判所の立ち会いのもと給付金の具体的な金額などを決める事になります。貰える金額については病状などによって差はありますが、双方納得の行く金額を決める事になります。そして裁判所で和解調書を作成し、晴れて国との裁判での勝訴が決まり、給付金受給の資格が得られるのです。

B型肝炎給付金の金額

給付金給付金といえば、最近はB型肝炎給付金がテレビやさまざまなメディアで取り上げられていますね。B型肝炎給付金は、裁判所に必要書類を提出し国と和解の話し合いを進める事で給付金を受け取れるようになります。もちろん、B型肝炎の病状や病気の進行具合などで給付金の額は変わりますが、裁判所立ち会いのもと、国と患者がお互い納得できる金額で確定されます。

その金額の目安は、一番重たいものが死亡や肝臓癌、重度の肝硬変で3600万円、その次に軽度の肝硬変で2500万円、無症候性キャリアと呼ばれる、B型肝炎にかかっているが症状が出ていない場合でも600万円受け取る事ができます。実際にB型肝炎による肝臓の病気、疾患を発症している場合は10000万円以上の給付金が受け取れます。その他にも弁護士を雇うための補助金なども支給されます。

ですが、民法の取り決めで訴訟が起こせる期間は20年と決められています。B型肝炎の病状によってはすでに過ぎてしまっている場合もあり、その際には給付金の額を減額する事で給付金を受け取れるケースがあります。自分の病状やB型肝炎についてはまず専門の医師に相談し、自分の病状を確認する事をおすすめします。

B型肝炎の給付金

給付金最近、日本のニュースやCMなどで「給付金」という言葉をよく耳にするようになりました。給付金と言われると、何を思い浮かべるでしょう?政府から貰える何かしらのお金、というイメージが定着していますが、B型肝炎という病気にも給付金が貰えるケースがあるという事をご存知でしょうか?B型肝炎とは、最近、沢山の新聞やメディアなどで取り上げられている病名ですが、このB型肝炎に感染した原因が国と関わっていた為、給付金が貰えるケースがあるのです。

B型肝炎とは主にウィルスが体内に入ることによってかかってしまう病気なのですが、このウィルスにかかる原因はカミソリやピアスのニードルの使い回しや性交渉などが主になります。ですが、日本の昭和23年から64年までの間に行われていた集団予防接種、この集団予防接種の際に注射針が使いまわされていた事で集団感染していたという事が最近になって解ったのです

昭和23年に予防接種法が施行され,国は国民・住民に対して集団予防接種を受けるよう強制してきました。しかし,その管理体制には深刻な問題があり,注射器の使いまわしなどが原因で,非常に多くの方がB型肝炎ウイルスへ感染してしまいました。

B型肝炎は自然治癒で治ってしまう例が多い病気ですが、10%の割合で発症します。発症すると、このB型肝炎は痛みや自覚症状がほぼない病気なので、知らないうちに進行を続けて更に恐ろしい病に発展してしまう可能性を持っています。そのため、大人になってから肝硬変や肝癌になった患者さんが過去にこの集団予防接種でB型肝炎にかかってしまっていた場合や、その患者から母子感染してしまった子供がいる場合に、国からの給付金が受け取れるケースがあるのです