B型肝炎給付金の受取

B型肝炎にかかっている人の中に、B型肝炎給付金を受け取れる人は沢山います。ですが国からの給付金を受けとる、という行為にはとても難しい手順を踏まなければいけないイメージを持っている人が大半で中々踏み出せないという人も多いのです。ですが正しいB型肝炎給付金の受け取り方を知る事により、従来の給付金に対する難しいイメージを払拭できます。

和解B型肝炎給付金の請求ではまず、国に責任を認めてもらい、和解するという手続きをとります。おおよその流れは国、つまりは厚生労働省に請求する給付金の金額やB型肝炎の病状などを記入した訴状を作り、必要書類と共に裁判所へと提出します。そして、裁判所に提出した書類が認められると裁判期日が制定されます。その日に弁護士が裁判所へと赴いて和解への話し合いが行われます。

B型肝炎給付金の和解交渉の場合、国側はすでに和解する気でいるため裁判所の立ち会いのもと給付金の具体的な金額などを決める事になります。貰える金額については病状などによって差はありますが、双方納得の行く金額を決める事になります。そして裁判所で和解調書を作成し、晴れて国との裁判での勝訴が決まり、給付金受給の資格が得られるのです。