B型肝炎給付金の金額


給付金給付金といえば、最近はB型肝炎給付金がテレビやさまざまなメディアで取り上げられていますね。B型肝炎給付金は、裁判所に必要書類を提出し国と和解の話し合いを進める事で給付金を受け取れるようになります。もちろん、B型肝炎の病状や病気の進行具合などで給付金の額は変わりますが、裁判所立ち会いのもと、国と患者がお互い納得できる金額で確定されます。

その金額の目安は、一番重たいものが死亡や肝臓癌、重度の肝硬変で3600万円、その次に軽度の肝硬変で2500万円、無症候性キャリアと呼ばれる、B型肝炎にかかっているが症状が出ていない場合でも600万円受け取る事ができます。実際にB型肝炎による肝臓の病気、疾患を発症している場合は10000万円以上の給付金が受け取れます。その他にも弁護士を雇うための補助金なども支給されます。

ですが、民法の取り決めで訴訟が起こせる期間は20年と決められています。B型肝炎の病状によってはすでに過ぎてしまっている場合もあり、その際には給付金の額を減額する事で給付金を受け取れるケースがあります。自分の病状やB型肝炎についてはまず専門の医師に相談し、自分の病状を確認する事をおすすめします。